MASERATIと共に Vol.1

私事ではございますが、今年で「LUSSO」と出会い10年を迎える事になりました。

LUSSOは今年で20年。その半分を共に過ごしている事になります。。。私が今32歳ですから22才の時から。

初めてLUSSOを訪れた時には衝撃が走ったことを今でも鮮明に覚えています。

見たことも触れたこともない各国の自動車がLUSSOの中で佇んでいました。

そこで初めて出会ったのが「MASERATI」。ビトルボ系と呼ばれる時代のマセラティが何台も。

名前だけは何となく聞いたことのあった自動車メーカーでしたが、自動車を好きになったきっかけはF1であった自分

にはフェラーリやロータス、マクラーレン、BMWやメルセデス位しか正直興味がなかったです。

その当時乗っていたクルマもアメ車でしたし。。。

初めは同じようなマセラティが何台も入っていて、その当時私を面倒見てくれていた人にも、このクルマには気を

つけなさいと何か少し脅されていたことも覚えています(笑) 何も知らない自分には何を言っているのかは正直意味が

分からず、毎日見ていれば分かるようになると教わっていました。

それから10年。沢山のマセラティを見て触れて経験を積み重ね、ようやくその真意が分かってきたように感じております。

そしていつしかその魅力に引き込まれていた自分がいて今か今かとマセラティと過ごせる日々を妄想しつつ早10年。

ようやくその願いが叶う時が訪れ、そしてもう一歩マセラティに歩み寄るためMASERATI 2.24Vに乗らせて頂くことに

なりました!!

やっとマセラティと過ごせる所まで辿りついたと正直心の中で思っているそんな心中を、「MASERATIと共に」を題目で

連載していきたいと思います。

お付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

DSC_0495

 

Leave a Comment

メールアドレスは公開されることはありません。

CAPTCHA


内容をご確認の上、送信してください。

Back to top