入庫速報!!

Mercedes Benz C63coupeが入庫しました!!

2012年式 M・ベンツ C63AMG クーペの入庫です!!

DSC_0101

ワンオーナー、64000km。

DSC_0108

DSC_0109

やはりこのモデルの魅力はここにあります。最高のエンジンレスポンスを誇る6.2リッターNAエンジン。

エンジンに火が入った瞬間、目が覚めるような雄叫びにドキドキします。

Porsche 911のご納車です!!

大阪府のM様に911をご納車させていただきました!!

IMG_3856

7月4日より取り扱いをスタートした、FIAT500 Milleエアロの販売価格をご紹介致します。

DSC05347

※フロントバンパー単体 ¥107,000- +TAX

 

DSC05349

※サイドスカート左右単体  ¥64,000- +TAX

 

DSC05344

※リアバンパー単体 ¥92,000- +TAX

 

上記セットでの販売価格 ¥250,000- +TAX。

基本はセット販売でご用意しておりますが、単体での受注も承ることも可能です。

※単体での販売は各画像下の単体価格となります※

その場合には注文を頂いてからの生産となりますので、納期は6週間ほど頂いております。

詳しくはお問い合わせ下さいませ。

LUSSO部品担当 市田迄

MEGANE R.S TROPHY-R 2019。

500台限定でリリースされるTROPHY-R。

6速マニュアルのみの設定、ベースとなるTROPHYを更に軽量化等々、そそられる内容ばかりです!!

この動画をみてしまうと思いっきりドライビングしてみたいものです。。。

本日のLUSSOでは、

DSC05339

車検整備とTベルト交換一式を終え、オーナーの迎えを待つ2リッターギブリと奥のリフトには健康診断中のMASERATI430。

DSC05340

私が入社した当時から変わらぬこの風景に懐かしさを感じます。

 

Fiat 500S Mille

ステアリング取り付けました!

先日ご案内したFIAT 500を2倍楽しむ当社オリジナルパーツMille。
ショールームでは色々なお客様から「ミッレいいね!」というありがたいお言葉を
頂いております。

DSC05309

DSC05306

本日、当社のMilleエアロ装着車にMilleオリジナルステアリングを取り付けました!

DSC05311

ステアリング上部内側にカーボン、下部分にアルカンターラ、その他の部分はレザーを使い
アクセントカラーのステッチを施した凝った作りとなっています。
いつも手に触れる部分ですので取り換えると満足度の高いパーツになること間違いありません!
他のカラー、ステッチカラーも組合せ可能ですのでご興味のある方はお問合せ下さい。

DSC05303

フロントはバンパーごと交換するタイプです。この奥行きのあるアンダーグリルが視覚的に重心を
下げます。ここでは見えませんが両サイドのアンダーグリル横にLEDが付きます。スモールで点灯し
ウィンカーと連動も可能です。

DSC05314

DSC05317

リアもバンパーごと交換するタイプです。上下には薄いメッシュグリルが嵌められています。

DSC05332

DSC05334

DSC05333

DSC05320

DSC05327

DSC05326

本日、水色の500も入庫しました!! この車にもMilleエアロでコンプリートカーを作成します。
お楽しみに!!

FIAT500 からまたまた素敵なモデルがリリースされました!!

その名は「Dolcevita」

 

この動画を見たらDolcevitaでドライブに行きたくなりません!?

海岸をドライブに行くのも良し、森に癒されるのも良し、大切な人との大切な時間をDolcevitaと一緒に過ごしませんか。

デリバリーをお楽しみに!!

Porsche 911 カレラTのご納車です!!

本日、M様にカレラTをご納車させていただきました!!

DSC_0622

入庫速報!!

Ferrari 488GTB 70th tailormade Collection by 550 Barchetta Pininfarina 2000 1/1の入庫です!!

DSC_0035 DSC_0037 DSC_0047 DSC_0038 DSC_1101

Dino 208GT4 & Uracco P200

どちらもイタリア市場向け、2リッターのV8

本日のLUSSOにはこの2台が並んでいましたのでパチリ!
70年代にフェラーリとランボルギーニがポルシェ911の市場に挑戦した4シーター。
しかもイタリア市場向けの2リッター版が並ぶ機会はそうありません。

DSC05180

手前が先日イタリアから送られてきたディーノ208GT4です。この前まで本国でコレクターの許で
大切にされていたので内外装とも素晴らしいコンディション。ASIによるオリジナル状態の認定も付いてます。

DSC05183

只今、各部を点検整備中なのでお尻が上がってしまってますが、本来は70年代のスポーツカーらしい
低くてスマートなデザイン。

お客様のリクエストにより当社の現地ネットワークが探し出してくれました。イタリアは人との
繋がりが大きな違いを生みます。毎回ネットワークのありがたさを痛感します。もちろん現地スタッフが
現車の確認をしていますので自信を持ってご紹介できます。

DSC05181

こちらはホイールをオリジナルデザインのものに新調したばかりのウラッコ。
この2台、デザインはベルトーネによるもので当時のチーフデザイナー、ガンディーニの特徴が
あちこちに見られます。

DSC05186
DSC05187

ノーズからAピラーにかけて。ディーノの方が若干エッジを効かせていますね。

DSC05212
DSC05213

リア周り。個人的には敢えてテールランプを埋め込むように付けて表面の段差を少なくしている
ウラッコのテールが好きです。

DSC05215
DSC05216

両車仲良く同じドアハンドル。

DSC05219 DSC05220

Aピラーの角度、三角窓も良く似ています。この感じはこの頃の他のベルトーネデザインでも見られます。

まだ今ほど工作技術や成形の楽な素材も発達していなかっただけに、細部をよく見ていくと当時の
スーパーカーならではの工夫、掛けられた手間暇がよく分かって楽しいです。こういう旧車を所有する
別の愉しみ方かもしれません。

Back to top