車検整備のためお預りしていました。

オーナー様は毎日のお仕事や用事に使われていますが 健康状態はいたって良好です。
特に問題となるようなところは見当たらないので今回は油脂類の交換くらいで済みました。

dsc00662-1024x768

dsc00669

ただフロントスタビライザーについているリンクのブーツに破れがあったので
交換しました。ここが破れると中のボールジョイントが傷んで走行フィーリングが
悪くなってきます。この車の年式、距離からいくと交換は妥当なところです。

dsc00668

シトロエンといえばDSやBXなどに代表される独創的なイメージが強いですよね。趣味性や
個性が豊かでどの車にも似ていないものを目指しているように感じます。90年代に入り
いったん国際的になり個性が薄れた時期がありましたが、このC4あたりから再びシトロエン
らしさを大切にし始めたのは嬉しかったです。

dsc_0942-3

 

 

 

 

 

これは最近弊社が取り扱ったC6です。少し出っ張ったテールランプやウィンドウデザインなど
各部に類似点がみられます。

dsc00676

個人的にはこのダッシュボードが好きです。センターメーターは半透明で昼間は向こう側が
うっすらと透けて見え、夜になると優しいオレンジ色に光ります。裏面も光るので車外正面から
見てもそこがオレンジ色に光って見えます。そしてハンドルのパッド部分はハンドル切っても
回らない固定式なんです。こういうこだわり好きです。

そういえばこの前発表された新型C3も個性的なシトロエンらしい車で気になります。
http://www.citroen.co.uk/new-cars-and-vans/future-vehicles/new-citroen-c3
当店ではこちらも早期導入を予定していて待ち遠しいです!

先日のマセラティ・スパイダー90thアニバーサリーに続いて同時期のサルーン、
クアトロポルテも入庫しました。

色は「ビアンコ・フジ」とマセラティが名付けたパールホワイトです。

DSC00811

前期型、6速デュオセレクト・セミオートマチックです。ハンドル奥にあるパドルシフトで
マニュアル操作もできます。

DSC00817

デザインはこの頃ピニンファリーナのチーフデザイナーだった奥山清行が担当しました。
スポーティーさと優雅さが上手くバランスされていると思いませんか?

DSC00821

エンジンはフェラーリ430と同じV8エンジンで、かけた瞬間にウォン!と吠える感じが
たまりません。

DSC00820

この世代のクアトロポルテはホイールベースが現行型より短くてスポーティーに見えます。

DSC00823

リアビューも引き締まっています。内装も木と革の豪華なもので、見ても聴いてもイタリア車です。
他のスポーツサルーンでは絶対に得られない味のある、唯一無二の車だと思います!!

久しぶりの更新となってしまったMASERATIと共に。。。
早3か月程の月日が流れ気が付けば8月も終わり9月に。
夏はヨンブイと何処かに出かける機会もなかったのですが、厳しい夏も何事もなく乗り越えてくれました!!

共に過ごすようになってから、やろうやろうと思っていたオーディオ交換。気が付けば9月に入ってしまいましたが、
ようやく実現することができました。
音楽が好きなわたくしにとっては自分の好きな音を聴きながらのドライブはより快適に過ごすための必需品。
CDはもちろんですが、最近の音楽再生はiphoneに取り込んだ楽曲がメイン。好きな音楽を聴けない状況は正直苦痛でした(笑)

IMG_4531[1]

今回はKENWOODの中古デッキを取引のある業者様から譲ってもらい取付。念願のUSB接続ができてしかも充電も可能。
望んでいた状態になってとても満足。少し雰囲気と似つかないような気もしてますが、そこは我慢です。
早く仕事を終わらせて好きな音楽を聴きながらドライブに出かけたい衝動を抑え、今日も一日頑張ります。

来月に入庫予定のフェラーリ360スパイダーです。すで売約済みとなっていますが、ご紹介したいと思います。

IMG_5013

ロッソ・フィオラーノのいうワインレッドっぽい赤のメタリックカラーのボディです。内装はオプションのデイトナスタイルシートで、
ブラックとボディ同系色のワインレッドのツートンカラー。

IMG_5018

新車納車時の資料によると、最初のオーナーがいろいろなオプションを付けて発注した車で、オプション総額だけでもかなりの金額でした。

IMG_5017

前と後ろのグリルはチャレンジグリル。フロントフェンダーにはスクーデリアフェラーリの七宝エンブレムが埋め込まれています。

IMG_5014

あいにく写真が用意できませんでしたが内外装はもちろん、エンジンルームや足回りのコンディションもとても良好。

IMG_5020

魅力的な仕様に加えて過去の履歴を調べても不安な点が特に無く、こんな個体を納められて我々も幸運です。
こんな車がお似合いのH様、楽しみにしていて下さい!

昨日 N様より新車オーダーをいただきました、
フォルクスワーゲン ゴルフ CLUBSPORT をご納車させていただきました!

N様、この度は誠にありがとうございました!

DSC_1152

ディーラーにてピュアホワイトは200台限定で発売されましたこちらの車両。
新車でオーダー頂き、弊社より貴重な1台のご納車の機会を与えて頂きました。

外装、内装ともにCLUBSPORT専用パーツが施されており、
ファブリック&アルカンターラのレカロスポーツシートに、
アルカンターラのステアリングは、特にレーシーな雰囲気を醸し出してくれています。

DSC_1167DSC_1177

真っ白なピュアホワイトのボディカラーに、ブラックルーフ、リアスポイラー、バンパーと
19インチアルミホイールが他のゴルフにはない特別感を感じさせてくれいるように思います。

DSC_1158DSC_1169

DSC_1154

高速でのドライブの感想が気になるところです!
また、ショールームへもお立ち寄り頂き、ご感想お待ちしております^^
ありがとうございました!

久しぶりにアルファロメオSZが入庫しました!
どうです、この存在感のあるデザイン、いかがでしょう?

ザガートにて1,000台限定生産された1995年登録のスプリント・ザガート(S.Z)。アルファ75などと
同じくギアボックスが後輪側にあるトランスアクスル方式で、理想に近い前後の重量バランスです。

弊社では新車当時から何台か納車、整備してまいりましたがこの車も自社管理車輌の1台です。

DSC00746

DSC00752

低いノーズを駐車場などで擦らないために車高調整機能が付いていて40mmリフトアップします。

DSC00761

フロントガラス、サイドウィンドゥの造形もこのようにデザイナーの感性そのままの形で世に出たという
感じがしませんか?

DSC00755

リアスポイラーはカーボン製。当時はまだまだとても高価で特別な素材でした。このスポイラーや
ウィンドゥ周りが経年変化で劣化している個体が多いのですが、この車は良い状態をキープしています。

DSC00766

DSC00765

室内も劣化の少ない大変良いコンディションです。2シーターで背後はカーペットで覆われた
荷物置き場となっています。
こんな良い個体、なかなか巡り会えません。気になる方はお早めに!!!

-9月休業日のお知らせ-

誠に勝手ながら、サービス工場(LUSSO-名東区勢子坊)は、
9月4日(日)、18日(日) を休業とさせていただきます。
ご不便ををお掛けいたしますが、何卒ご理解下さいますようお願い致します。

※ 尚、ショールーム 【Lusso Cars-天白区焼山】は通常営業いたしますので、
 皆様からのお問合せ、ご来店をお待ちしております。

こんにちは!yokoiです^^

今週はRENAULT Twingo 週間でした!
日本では今春といわれていた発売がようやく始まりましたが、
現地では今月初めにすでにグレードが一部変更になっております。

またディーラーではMT車が限定で発売されましたが、すでに完売しているそうです。

去年自社で輸入した2台は左H/MTの90馬力、
ということで今回もINTENS TCe 90cv 5MTのモデルにて
ご案内をしていきたいと思っています^^

ご案内をするためとはいえ、
コンフィギや現地在庫を見れば見るほど欲しくてたまらなくなり、困っています(笑)

そんなyokoiチョイスな1台はこちら。

twingo01

パッションレッドでSPORT PACK を選択した1台。

ディ-ラーでは3気筒ターボのINTENSにSPORT PACKの選択ができません。
SPORT PACKを装備した車両は50台限定で発売された、PACK SPORTのホワイトのみです。
現地でもSPORT PACKが選択できるのはホワイト、レッド、ブラック の3色のみ。
ブラックの扱いは日本ではないので、特別感はありますが・・・。
あくまでも個人的にレッドのほうが好みなのでこちらを選択(笑)

twingo02 twingo03

SPORT PACKでしか選択できないこちらのシートも格段にオシャレになります!
ホイールもこちらのPACKを選択しないと選ぶことができない16インチ JUVAQUATRE
アルミペダルと、インテリア、エクステリアのポイントカラーも合わせて変わっていきます。

このコンフィギを考えていた時間は、Rivaのことを見事に忘れていました(笑)
とーっても悩ましいですが、楽しい時間です!(笑)

twingo05 twingo04

 

今日整備を受けていたのは964型のポルシェ911カレラ2です。車検整備を承りお預りしています。
手入れの行き届いた車で、サスペンションはエナペタルのものに替えられています。

DSC00709

DSC00708

今回は車検の他にエアコンガスの補充、タペット調整も行います。
下の写真は左リアのタイヤハウスから見えるタペットカバーが外されたシリンダーヘッド部分です。
その下の写真は右側タイヤハウスから撮った拡大写真。上段が吸気、下段が排気側です。内部の汚れが
走行距離を考えると少なく、これまでのオイル管理が良かったことを物語っています。

DSC00701

DSC00704

下の写真はタペットカバーの裏側です。掃除した後の画像ですが、やはりカバー側も元々それほど
汚れていませんでした。日頃のメンテナンス、ちょっとした扱い方が長い年月を経ると大きな差となって
現れる好例です。

そしてパッキング、ナット類を新品に替えてまず排気側カバーを取付けました。

DSC00707

DSC00717

長年培ってきた空冷ポルシェの経験に基づき勘所を押さえた整備を施しますので、これからもずっと
お楽しみいただけると思います。
964型、とても良い車です!

先日ブログにてご紹介させて頂いた、アストンマーティンDB9。
納車前整備LUSSOでの残す作業もあと少しとなり、一時ショールームにて保管となりました。
スタッフと一緒にショールーム内に保管する前に、一緒に洗車しながら「このDB9」について語り合い、
ここが良いだ何だかんだで話が弾み気が付けば洗車も完了。洗車あとの水切りのために二人で
ショールーム回りを一周。

初乗りとなったDB9でしたが、想像以上に乗りやすく、V12気筒のパワー感も素晴らしい、シフトチェンジも
文句なし!! とても乗りやすくアストンマーティンの世界観に完全に二人して引き込まれていました。
本当に良いクルマです。

二人の意見は今の価格帯で手に入るなら「この車は今が買い」ですね!! 同意見でした。
ショールームに入れられスポットライトを浴びたシルバーのボディカラーはメタリックの美しさが際立ち、
とても上品でジェントルなクルマに映し出されます!!

DSC00722

DSC00720

M様、納車までもうしばらくお待ち下さいませ。

Back to top