カンビオコルサクラッチサポート

サポート内容のご案内

LussoCarsはMASERATIと20年を共に過ごしてきました。

Biturboから現在のモデルまで常に身近に捉え、
如何にコストを抑えて保有する方法を考えてきました。

ウィークポイントの解消は販売する側の努力が必要となります。
責任を持って20年以上MASERATIを見続けてきたプライドは
ご購入頂いた方だけ理解して頂ければ良いオプションとして
弊社のマセラティに備わっておりますのでご安心くださいませ。

 

カンビオコルサを保有する際に最も気になる条件は個体の
クラッチ残量を含めた状態といえます。

購入後に直ぐクラッチトラブルに見舞われれれば交換作業は避けられません。

この作業には通常70万円以上の支出となります。
そんなクラッチ交換のリスクを軽減して気持良くマセラティを
楽しんでいただく為にLussoCarsではクラッチサポートメンテナンスを付帯させております。

ご納車から1年もしくは1万kmどちらか先に到達するまでの期間中に
弊社にてクラッチ交換が必要だと診断された車両にはお客様のご負担を30万円にてクラッチ交換が可能となります。

メンテナンスコストの中で最も高額なリスクを軽減する

独自のサポートシステムでマセラティ選びの楽しさをご提案いたします。

弊社がイタリアから輸入したモントリオールです。
今までに全塗装以外には大きなレストアを受けることなくほぼオリジナルを保っていて、
コンディションもかなり良かったことが決め手となりました。

dsc_0288-1

当時のワークスチーム、アウトデルタが開発したTipo33系レーシングエンジンを公道用に
仕立てたV8エンジンを搭載! 当時まだ特別だった燃料噴射やCDIイグニッションに
4カム、ドライサンプ、タングステンコンロッドなど多くがそのまま受け継がれています。
18台だけ作られた33ストラダーレを除くとアルファ唯一の自社製V8の市販ロードカーなのです。

dsc00998

日本到着後チェックを幾度か行い基本的な整備は済ませてありましたので、いよいよ最終段階に
入りました。 その内容は足回りのリフレッシュで、以下の内容で作業を進めております。
フロント&リア・ショックアブソーバー交換、 フロントアッパーアーム交換、
トラニオンアーム・ブッシュ交換、      リアトレーリングアーム・ブッシュ交換、
リアハブベアリング交換、          タイヤ交換

dsc01015

dsc01033

上の画像はフロントに装着されたビルシュタインのショックアブソーバーとアッパーアームです。
手前のブレーキローターの奥に見える黒い新しい部品がアームです。
その下の画像は外した古いパーツで各ブッシュにひびが入ってしまっています。これまでも
ビルシュタインが入っていました。

dsc01005-1

dsc01024-1

dsc01006-1

トラニオンアームという聞きなれない名前のアームの全体像が上3枚のトップ画像です。
役割はシャシとデフをつなぐアームで、接合部のブッシュにガタが出てくると後輪がビシッと
定まらず、シフトアップ直後などパワーが掛かるとリアがヨロッとふらつきます。
この画像とその下の画像の矢印部分で繋がっています。

デフはZF製リミテッドスリップデフで、下面に放熱用のフィンが付いています。 車軸の両端を
ぶら下げているようなものはリバウンドストラップと呼ばれる、今回のような作業時に安全のため
これ以上落ちないようにするための布製の物で最初から付いています。

その下の画像は交換するブッシュ達です。左から3番目の黒い円盤状のブッシュは本来矢印の
ところにあるはずなのですが、割れてしまったのか左右とも何も残っていません。
これではボディが振れてしまいます・・・・。

dsc01021

シャシをフロント側から見たところです。新品のアブソーバーがちらっと見えます。オイルバンと
シリンダーヘッドカバーはマグネシウム製!めちゃめちゃ軽いです。
ギアボックスはZF製5速で、同じものがこの後に登場したアルファ6(セイ)やマセラティビトゥルボにも
使われたと何かで読んだ記憶があります。

dsc01019

dsc01025

このまぶたのようなライトカバーは、スタイルを損なわずに空力と昼間のパッシングライトの使用を
考慮にした結果だそうです。ライトを点灯するとバキュームの力でクルッと下方に半回転して格納されます。
下段の画像はスタイル上の大きな特徴であるサイドのエアアウトレットです。一部をアウトレット風な
装飾パーツで済ませている車もありますが、この車は上から下段まで金網の貼られた”本物”なので
洗車時になるべくここから水を入れないよう気をつけた方がよいそうです。

2014年式 Porsche 911 Carrera P.D.K が入庫しました。
dsc_0413

dsc_0414
走行距離:10,000km
車検:2017年9月
ボディカラー:ホワイト
インテリアカラー:ブラックレザー
ハンドル:右
トランスミッション:7速P.D.K
その他:PDLS、アルカンタラルーフライニング、19インチAW、ナビ、TV、Rカメラ、ETC、
スポーツデザインステアリング(パドルシフト付)、2017年9月まで正規ディーラー保証継承可、

詳細についてはSTOCK LISTにてご紹介致します。

ギアが入らなくなりお預りした500(チンクエチェント)です。
調べてみたらクラッチのレリーズベアリングが破損していたので交換となりました。

dsc00913

dsc00929

この車はATモード付きのセミオートマチック「デュアロジック」で、クラッチ操作は自動化
されていますがクラッチの機構自体はマニュアル車と同じです。部品交換するためにバンパー、
フロントサスペンションなどが外されました。

dsc00918-1

左側タイヤハウス斜め前あたりから覗いたクラッチユニットを外したところです。右端の赤い物が
ブレーキキャリパーでその横にフロントストラットが見えます。クラッチユニットは黄色の矢印下の
円枠辺りにありました。

dsc00903

クラッチレリーズベアリング。左が新品で、右が破損したもの。

dsc00906

クラッチカバーです。ダイヤフラムスプリングのベアリングが接触する部分にも擦れた傷が付いて
しまっています。

dsc00909

このレリーズ・フォークがベアリングを介してダイヤフラムスプリングを押してクラッチを切ります。

dsc00911

不良個所はベアリングだけでしたが同時にクラッチユニット、ベアリング、フォークの3点を交換します。
これで安心!

dsc00915

クラッチユニット類を組みつけたらハウジングの内部をきれいにクリーニングして装着します。
このあと補機類、サスペンション、バンパー、その他の部品を戻していきますが、今回は不良個所交換の
前後の作業が多い修理でした。

弊社では500の正規輸入に先駆けて2007年より販売、管理させていただいてきました。この車の魅力は
その頃から少しも変わらないばかりか、色々なバリエーションが加わってより広く多くの人達の感性を
刺激してファンを増やしています。近日中にイタリアから「RIVA」と「by GUCCI」という特別仕様車が
到着予定で我々も楽しみにしているところです!!

只今納車前の点検整備を受けているフェラーリ328GTSです。ブルーキアロという色の美しい車です!

dsc_0754-1

dsc00969

入庫時の点検でエアコンガスの漏れを確認したのでコンプレッサーの交換は予定していましたが、
その他についてはこれまでの経験に基づき安心してお乗りいただけるメニューをご提案させて
いただきました。その結果基本的な油脂類、プラグ、各ドライブベルト、フィルター類のほかに
予防整備も兼ねてウォーターポンプ、サーモスタット、タイミングベルト、テンショナーベアリングも
同時に交換することになりました。

dsc00944

dsc00944-1

撮影時はちょうどチェンジシャフトシールの交換中でした。上の画像はオイルパンを外したところです。
矢印はシフトレバーとギアボックスを結んでいるシャフトで、シールはこのシャフトがケースを貫通する
部分にはめられています。

dsc00959-1

dsc00960

これがその貫通箇所とシールのクローズアップ。下の写真の下段2個がシールそのもので、直径4cm程の
ゴムのリングがオイル漏れを防いでいます。交換箇所は2か所あるので2個です。ギアチェンジするたびに
ここをシャフトがスライドするのでその回数たるや相当なものだと思います。

dsc00948-1

右リアのタイヤハウスから見えるエンジンタイミングベルト側です。矢印で示したウォーターポンプ、
オルタネーター、エアコンのベルトも交換しましたので当分安心です。サーモスタットも換えました。
328の整備性はそんなに悪くありません。

dsc00955

シャシ側はこのようにほぼフラットな形状。フロントスポイラー下側に擦った跡がなく前のオーナー様が
丁寧に乗られていたのがうかがえます。上記の納車整備に加えてタイヤも新品にしましたので気持ち良いです。

O様、お待たせしておりますがもう少しでお納めできます。ルーフトップを外して心地良い秋のドライブを
満喫してください!

こんにちは!yokoiです^^

週刊が、二、三週刊になってしまっております週刊yokoiです。
LUSSO JAMの勢いにおされ、前回の更新はいつのことやらです…

さて今週来週と雨、曇りの天気が続いております。
朝、夜は涼しくなりずいぶん秋の雰囲気となってきましたが、
せっかくの秋晴れが暫く見納めです。

img_20160910_130112-2

台風が過ぎた後、こんな秋晴れにドライブしないなんてもったいないと思いませんか!?
オープンにしてドライブしたい衝動がおさえられません!!

今週もTwingo漬けのyokoiはソフトトップも気になってます。
また、近々ついに1台目が入庫予定のFIAT 500C Riva!
こちらもぜひオープンにして走っていただきたいです!!

img_4276

記念すべき1台目は女性オーナーのT様にご契約いただきました。
MT車でどんどんドライブしていただきたいと思っております^^
あと少しだけお待ちくださいませ!!

自社輸入車両のマセラティグランスポーツスパイダーも
K様へご納車させていただき、本日ご来店していただきました。
あいにくの雨でオープンにはできませんでしたが、
どうぞこの天気が晴れになったときはオープンでかっとばして下さいませ!!(笑)
ドライブを楽しんで頂けるよう、またしっかり調整させて頂きたいと思います。

マセラティスパイダー90thもたくさんのお問い合わせを頂いており、
皆さまやはりオープンで楽しみたい時期なのでしょうか!?

来週は祝日が2日あり、お出かけできるかとおもいきや、
台風が迫ってきています。
お出かけの際は、充分にご注意くださいませ。

今週もありがとうございました!yokoi

このところ青いイタリア車の入庫が続いていますが、またまたきれいなブルーの車が
入ってきました。
今回はフェラーリの612スカリエッティ!!

dsc00931

dsc00942

フェラーリ575と共有するV12気筒エンジンの4座席GTカーです。5,748cc、547馬力で
最高速度は320km/h、0-100km/h加速は4.2秒! それでいて大人4人がちゃんと乗れます。

dsc00934

dsc00937

アルミスペースフレームにアルミのボディパネルを溶接した構造により車重1,850kgと
サイズの割に軽く仕上がっています。このシャシは2座席の599GTBのベースにも用いられました。

dsc00940

dsc00941

ブルーミラボーという名のボディカラーにアボリオ(アイボリー)の内装。先日販売させて
いただいたF430と同じ組合せの色です。ゴージャスという言葉がぴったりの車!
新車当時の価格は3,000万円ですから当たり前と言えば当たり前ですが…

詳しい車両情報は近々「STOCK LIST」でご案内いたします。

車検整備のためお預りしていました。

オーナー様は毎日のお仕事や用事に使われていますが 健康状態はいたって良好です。
特に問題となるようなところは見当たらないので今回は油脂類の交換くらいで済みました。

dsc00662-1024x768

dsc00669

ただフロントスタビライザーについているリンクのブーツに破れがあったので
交換しました。ここが破れると中のボールジョイントが傷んで走行フィーリングが
悪くなってきます。この車の年式、距離からいくと交換は妥当なところです。

dsc00668

シトロエンといえばDSやBXなどに代表される独創的なイメージが強いですよね。趣味性や
個性が豊かでどの車にも似ていないものを目指しているように感じます。90年代に入り
いったん国際的になり個性が薄れた時期がありましたが、このC4あたりから再びシトロエン
らしさを大切にし始めたのは嬉しかったです。

dsc_0942-3

 

 

 

 

 

これは最近弊社が取り扱ったC6です。少し出っ張ったテールランプやウィンドウデザインなど
各部に類似点がみられます。

dsc00676

個人的にはこのダッシュボードが好きです。センターメーターは半透明で昼間は向こう側が
うっすらと透けて見え、夜になると優しいオレンジ色に光ります。裏面も光るので車外正面から
見てもそこがオレンジ色に光って見えます。そしてハンドルのパッド部分はハンドル切っても
回らない固定式なんです。こういうこだわり好きです。

そういえばこの前発表された新型C3も個性的なシトロエンらしい車で気になります。
http://www.citroen.co.uk/new-cars-and-vans/future-vehicles/new-citroen-c3
当店ではこちらも早期導入を予定していて待ち遠しいです!

先日のマセラティ・スパイダー90thアニバーサリーに続いて同時期のサルーン、
クアトロポルテも入庫しました。

色は「ビアンコ・フジ」とマセラティが名付けたパールホワイトです。

DSC00811

前期型、6速デュオセレクト・セミオートマチックです。ハンドル奥にあるパドルシフトで
マニュアル操作もできます。

DSC00817

デザインはこの頃ピニンファリーナのチーフデザイナーだった奥山清行が担当しました。
スポーティーさと優雅さが上手くバランスされていると思いませんか?

DSC00821

エンジンはフェラーリ430と同じV8エンジンで、かけた瞬間にウォン!と吠える感じが
たまりません。

DSC00820

この世代のクアトロポルテはホイールベースが現行型より短くてスポーティーに見えます。

DSC00823

リアビューも引き締まっています。内装も木と革の豪華なもので、見ても聴いてもイタリア車です。
他のスポーツサルーンでは絶対に得られない味のある、唯一無二の車だと思います!!

久しぶりの更新となってしまったMASERATIと共に。。。
早3か月程の月日が流れ気が付けば8月も終わり9月に。
夏はヨンブイと何処かに出かける機会もなかったのですが、厳しい夏も何事もなく乗り越えてくれました!!

共に過ごすようになってから、やろうやろうと思っていたオーディオ交換。気が付けば9月に入ってしまいましたが、
ようやく実現することができました。
音楽が好きなわたくしにとっては自分の好きな音を聴きながらのドライブはより快適に過ごすための必需品。
CDはもちろんですが、最近の音楽再生はiphoneに取り込んだ楽曲がメイン。好きな音楽を聴けない状況は正直苦痛でした(笑)

IMG_4531[1]

今回はKENWOODの中古デッキを取引のある業者様から譲ってもらい取付。念願のUSB接続ができてしかも充電も可能。
望んでいた状態になってとても満足。少し雰囲気と似つかないような気もしてますが、そこは我慢です。
早く仕事を終わらせて好きな音楽を聴きながらドライブに出かけたい衝動を抑え、今日も一日頑張ります。

Back to top